遠藤周作研究会

ホーム>論文集

「遠藤周作研究 」( 『遠藤周作研究』編集委員会 編 ) バックナンバー一覧

 ※1号は品切れ、3号・7号・8号は在庫僅少です。

 

巻号
著者
タイトル
第1号
(2008.09)
加藤 憲子 遠藤周作『聖書のなかの女性たち』試論--描かれた女性の諸相から
川島 秀一 想像力の始原--『わたしが・棄てた・女』の定位をめぐって
小嶋 洋輔 遠藤周作とサド--「繭も、また」、「書くという事の意味」をめぐる小説
兼子 盾夫 『留学』第三章における色の象徴と暗喩--「白」「赤」と「ヨーロッパという大河」
小川 仁子 「沈黙」における仏教的なものの考察--浄土真宗・親鸞をめぐって
藤田 尚子 遠藤周作『女の一生 一部・キクの場合』論--執筆背景と長崎風物の一典拠
久松 健一 遠藤周作の読書体験--旧蔵書(仏語文献)を眺めながら
長濱 拓磨  
第2号
(2009.09)
兼子 盾夫 遠藤周作とドストエフスキーにおける「象徴」と「神話」について--「蠅」と「蜘蛛」と「キリスト」と
田中 葵 遠藤周作「黄色い人」論--〈白い人〉と〈黄色い人〉との距離
加藤 憲子 遠藤周作『わたしが・棄てた・女』論--吉岡努と森田ミツの〈幸福〉から見えてくるもの
小川 仁子 『沈黙』の「ヨナセンの日記」が意味するもの
篠ア まどか 遠藤周作『死海のほとり』論--「巡礼」の章における〈同伴者イエス〉の復活
古浦 修子 『女の一生 二部・サチ子の場合』論--「愛」の根源にあるもの
藤田 尚子 遠藤周作『女の一生 二部・サチ子の場合』における旧蔵資料との関わり
小嶋 洋輔 二〇〇八・平成二〇年遠藤周作参考文献目録及び研究展望
第3号
(2010.9)
兼子 盾夫 多面体の作家遠藤周作とドストエフスキー--作品の重層的構造分析による「対比文学」研究の可能性
管原 とよ子 奇跡という「無力」--遠藤周作『イエスの生涯』とE・シュタウファー『イエス その人と歴史』
笛木 美佳 遠藤周作『深い河』論--「玉ねぎ」に秘められたもの
池田 静香 遠藤周作にとっての「悪」--昭和30年代までの戦争への態度とサド理解を中心に
小嶋 洋輔 書評 辛承姫著『遠藤周作論 母なるイエス』
兼子 盾夫 書評 加藤宗哉・富岡幸一郎編『遠藤周作文学論集(文学篇)及び(宗教篇)』
小嶋 洋輔 二〇〇九・平成二一年遠藤周作参考文献目録及び研究展望
第4号
(2011.9)
片山 はるひ 遠藤周作の文学における「母なるもの」再考--「かくれキリシタン」とフランスカトリシスムの霊性
長濱 拓磨 遠藤周作の「歴史小説」の一側面--松田毅一との関連をめぐって
ヴァン・C. ゲッセル 西洋のキリスト教圏における遠藤文学の評価
北田 雄一 「滞佛日記」論--文学者として
山根 道公 遠藤周作『沈黙』論--歴史的素材の再構成をめぐって
柴崎 聰 書評 山根道公著『遠藤周作『深い河』を読む--マザー・テレサ、宮沢賢治と響きあう世界』
武田 秀美 二〇一〇・平成二十二年 遠藤周作参考文献目録及び研究展望
長谷川(間瀬) 恵美 隠れ(Crypto)の信仰・生き方に学ぶ--キリスト教の実生化
第5号
(2012.9)
佐藤 泰正 闘う作家遠藤周作をめぐって
岩ア 里奈 遠藤周作『鉄の首枷 小西行長伝』 : 小西行長の信仰
福田 耕介 アニエス・ヴァルダの映画『幸福』を見る遠藤周作
太原 正裕 異邦人・遠藤周作が読み続けられる理由 : 「心の台本」と日本神話からのアプローチ
小嶋 洋輔 遠藤周作の留学 : 「白い人」に描かれたフランス
笠井 秋生 『沈黙』をどう読むか : ロドリゴの絵踏み場面と「切支丹屋敷役人日記」
武田 秀美 二〇一一・平成二十三年遠藤周作参考文献目録及び研究展望
第6号
(2013.9)
佐藤 まどか 遠藤周作『侍』論 : 「ベラスコ」における〈イエス〉の変遷
竹本 俊雄 『深い河』の成瀬美津子
古浦 修子 遠藤周作『深い河』論 : 美津子の魂の旅程における〈母なるもの〉の内実
笠井 秋生 戯曲『薔薇の館』について : 修道士ウッサンの死をめぐって
兼子 盾夫 神学と文学の接点からみる『沈黙』 : 笠井秋生氏の『沈黙』論(『沈黙』をどう読むか : ロドリゴの絵踏み場面と「切支丹屋敷役人日記」)をめぐって
宮坂 覺, 書評 小嶋洋輔著『遠藤周作論 : 「救い」の位置』
笛木 美佳 二〇一二・平成二十四年遠藤周作参考文献目録及び研究展望
ADELINO ASCENSO 遠藤周作の神理解と西欧カトリック教会の神理解
第7号
(2014.9)
加藤 宗哉 遠藤周作と三田文学
北田 雄一 「白い人」論 : 二つのモチーフを中心に
笛木 美佳,
井上 万梨恵
遠藤周作「黄色い人」論 : 第一エピグラフをめぐって
香川 雅子 遠藤周作の「殉教」観 : 『最後の殉教者』における史実とフィクション
笠井 秋生 『スキャンダル』から『深い河』へ : 「創作日記」を読み解きながら
兼子 盾夫 神学と文学の接点 : キリスト教の「婚姻神秘主義」と遠藤の「置き換え」の手法
古橋 昌尚 遠藤周作の創作方法に見る神学的意図 : 神学の方法と形態への示唆
笛木 美佳 二〇一三・平成二十五年遠藤周作参考文献目録及び研究展望
池田 静香 遠藤周作における「拷問と虐殺の時代」との対峙
兼子 盾夫 書評 アシェンソ・アデリノ著「遠藤周作 その文学と神学の世界」
第8号
(2015.9)
香川 雅子 「日本の沼の中で : かくれ切支丹考」に見る遠藤のキリシタン理解 : 史料との関わりを中心に
長M 拓磨 遠藤文学における〈ペドロ岐部〉(1)『留学』『沈黙』を中心として
兼子 盾夫 神学と文学の接点からみる『沈黙』(2)神の「母性化」 : ロドリゴの「烈しい悦び」をめぐって
笠井 秋生 『銃と十字架』について : 何故、ペドロ岐部はローマから帰国し潜伏神父になったのか
長原 しのぶ 遠藤周作『反逆』論 : 『深い河』に展開する〈生〉の循環
古浦 修子 『女』に込められた永遠への眼差し : 〈女〉の継承性を視座として
笛木 美佳
,加藤 憲子
再考 白百合女子大学図書館蔵 遠藤周作書簡 : 「三田文學」(第88巻99号、平成21年11月)掲載、松井千恵氏宛六通について
兼子 盾夫 二〇一四年度「遠藤周作国際シンポジウム(韓国日本基督教文学会&遠藤周作学会共同学術発表大会)」に参加して
池田 静香 二〇一四・平成二十六年遠藤周作参考文献目録及び研究展望
長谷川(間瀬) 恵美 遠藤文学研究書の紹介、韓国キリスト教の体験談、及び国際遠藤周作シンポジウム参加の報告
第9号
(2016.9)
片山 はるひ 遠藤周作と「テレーズ」
太原 正裕 留学から小説『留学』へ、『沈黙』への序章
兼子 盾夫 『沈黙』と『権力と栄光』の重層的な構造分析による対比研究 : 主役はユダか、それともキリストか
笠井 秋生 鉄の首枷 : 小西行長伝 : 洗礼の秘蹟の真実
増田 斎 遠藤周作『深い河』における身体論 : 成瀬美津子像の変遷
長谷川(間瀬) 恵美 書評 今井真理著『それでも神はいる : 遠藤周作と悪』
北田 雄一 書評 川島秀一『遠藤周作〈和解〉の物語 増補改訂版』
長M 拓磨 『沈黙』参考文献目録(一九六六・昭和四十一年三月~二〇一五・平成二十七年十二月)
池田 静香 二〇一五・平成二十七年 遠藤周作参考文献目録及び研究展望
第10号
(2017.9)
福田 耕介 初期長篇小説における「父性」の瓦解と「息子」の無垢
霍 斐 遠藤周作『わたしが・棄てた・女』論 : 倫理の根源を問う
柴崎 聰 『沈黙』における比喩 : 『権力と栄光』との比較において
斎藤 佳子 『イエスの生涯』における「実感」 : 書き手の用いる人称に着目して
古浦 修子 遠藤周作『侍』論 : 二つの物語の交錯をめぐって
余 ?? 遠藤周作『深い河』論 : 啓子の実像とその真の役割
古浦 修子 二〇一六・平成二十八年 遠藤周作参考文献目録及び研究展望
兼子 盾夫 神学と文学の接点『深い河』と『創作日記』再訪 : 宗教多元主義VS.相互的包括主義
金 承哲 「痕跡」の文学 : 遠藤周作の文学世界を理解するために
佐藤 まどか 長崎市遠藤周作文学館 遠藤周作没後20年・「沈黙」刊行50年記念事業に参加して
李 平春 韓国で読まれている遠藤周作の『沈黙』 : 名作の意味を考えながら
ユスチナ・ベロニカ カシヤ 「テレーズの影を追って」から「アウシュビッツ収容所を見て」まで : 遠藤周作における悪の翻訳不可能性
ヴァン・C ゲッセル 『沈黙』と『SILENCE』 : 英国圏での解釈と評価
第11号
(2018.9)
余 ?? 遠藤周作「青い小さな葡萄」論 : 〈葡萄〉の役割を中心に
奥野 政元 遠藤周作の出発と中世への回帰 : 「最後の殉教者」から「その前日」へ
古橋 昌尚 遠藤周作『わたしが・棄てた・女』にみる「過越の神秘」 : ミツとイエスを結ぶシンボリズム
香川 雅子 キリシタン史料から考察する「留学生」の荒木トマス : 『沈黙』に先駆けた作品として
山根 息吹 遠藤周作『沈黙』における弱者の救い : 無意識における同伴者への「渇き」をめぐって
大塩 香織 遠藤周作『スキャンダル』論 : 勝呂の〈二面性〉と加虐の〈欲望〉
長原 しのぶ 遠藤周作『決戦の時』論 : 『武功夜話』の役割からみるキリスト教的視点
笠井 秋生 『王の挽歌』について : 大友宗麟の信仰の軌跡をめぐって
北田 雄一 書評 神谷光信『ポストコロニアル的視座より見た遠藤周作文学の研究 : 村松剛・辻邦生との比較において明らかにされた、異文化受容と対決の諸相』
香川 雅子 書評 長M拓磨著『遠藤周作論 : 「歴史小説」を視座として』
古浦 修子 二〇一七・平成二十九年 遠藤周作参考文献目録及び研究展望
古橋 昌尚 『沈黙』刊行50年記念 国際シンポジウム 『沈黙』の理解と研究に貢献した二人のイエズス会士 :ウィリアム・ジョンストンとフランシス・マシー
兼子 盾夫 神学と文学の接点 : 遠藤周作の『イエスの生涯』『キリストの誕生』と「史的イエス」探究史(上)教義のキリストから歴史のイエスへ、そして信仰のキリストへ : 「それではおまえたちは、私を誰というか」マタ16.15
金 承哲 遠藤周作とミステリー小説 : 「影なき男」と遠藤文学へのもう一つの視座
第12号
(2019 8)
北田 雄一 「黄色い人」論―〈編集〉された作品という観点から―
余 ?? 遠藤周作『わたしが・棄てた・女』論―〈痕跡〉と「手記」をめぐって―
福田 耕介 『わたしが・棄てた・女』における「うす汚い娘」をめぐる言説
兼子 盾夫 神学と文学の接点:遠藤周作の『イエスの生涯』『キリストの誕生』と[史的イエス]探求史(中)―教義のキリストから歴史のイエスへ、そして信仰のキリストへ―
松橋 幸代 「聖母讃歌」にあらわれる遠藤の信仰態度に関する一考察―信仰の多様性をめぐって―
佐藤 まどか 遠藤周作『砂の城』論―自叙伝としての読解―
倪 楽飛 遠藤周作『死海のほとり』における「ねずみ」の人物像―フランクルの「次元的存在論」を視座に据えて―
大塩 香織 遠藤周作『深い河』論―『スキャンダル』成瀬夫人から『深い河』成瀬美津子へ―
桑原 理恵 無意識のベクトル「すべてのものはXに向かう」、そして罪と悪の分離後の帰着点へ
笠井 秋生 『遠藤周作日記全日記[上巻]1950〜1960』を読む
香川 雅子 金承哲『沈黙への道 沈黙からの道―遠藤周作を読む』
長M 拓磨 長谷川(間瀬)恵美『深い河の流れ―宗教多元主義への道』
山根 息吹 兼子盾夫『遠藤周作による象徴と隠喩と否定の道―対比文学の方法』
古橋 昌尚 星野正道『いのちに仕える「私のイエス」』
笛木 美佳 二〇一八・平成三十年  遠藤周作参考文献目録及び研究展望

 

 

学会誌『遠藤周作研究』案内

 

  『遠藤周作研究』2号〜12号(1号は品切れ、3号・7号・8号は在庫僅少です) バックナンバーご希望の方は、学会事務局へ  「お名前・ご住所・お電話番号・号と冊数」をお知らせください。

  一冊1,000円(送料別)です。郵便振替の用紙を同封してお送りします。

 

    【お問い合わせ・申込先】遠藤周作学会事務局

         事務局長 笛木 美佳

          TEL: 03-3411-5019 (昭和女子大学日本語日本文学科直通)

            メールは、f_mika@swu.ac.jpまで。昭和女子大学 笛木美佳研究室